おすすめ食育絵本:おもちのかみさま | おいしい玄米ごはん


絵本

おすすめ食育絵本:おもちのかみさま

食育にも絵本は大活躍です。

 

今回もおもちの絵本のご紹介です。

おもちが大好きなおじょうは、この絵本もお気に入りです。

 

 

お正月の時期はお餅を食べる機会が多くなると思うので、そんな時期におすすめな絵本ではないかと思います。

 

 

おもちのかみさま

 

わたしはとくべつなおもちだ。たべられるなんて、まっぴらごめん!ガンコなおもちの運命やいかに?!

(※「BOOK」データベースより)

おもちのきもち

著書:かとう まふみ

出版社:佼成出版社

 

 

絵のタッチがインパクトありませんか?私も最初は表紙のインパクトで手に取りました(笑)

 

 

おもちは柔らかくておいしいイメージですが、長い間忘れられてしまったおもちは身も心も固くなってしまいました。

 

激しい火の中にいても、表情ひとつ変えずに佇むおもち。

長年放置されたうちに、意思も固くなってしまいました。

 

 

おもちは、修行に励んでいたのですが神様と出合います。

神様と出合ってからおもちの気持ちにすこし変化が現れます。

 

 

 

お話の結末は、ちょっとシュールな感じもしますが、おもちは本来おいしくいただくものだということだと感じています。

 

 

 

\ ブログランキングに参加しています /
クリックで応援していただけると励みになります。
よろしくお願いします。


にほんブログ村 にほんブログ村へ       人気ブログランキング

-絵本

Copyright© おいしい玄米ごはん , 2021 All Rights Reserved.