こめ子

かぁちゃん玄米マイスターが、玄米にや食事などについて考えたことをまとめてみました。

絵本

おすすめ食育絵本:いただきます! げんきにたべるわたしのえほん

 

ママちゃん

こんにちわ✿

食べることが大好き こめ子です。

 

私はこどもに知ってほしいことがあると絵本を探します。

食育にも絵本は大活躍です。

 

 

自分でチャレンジする。ということは何においても大切なことだと感じています。

 

今回ご紹介する「いただきます! げんきにたべるわたしのえほん」は、字が読めるようになった年中さんくらいにもおすすめです。

この絵本は、絵のインパクトもあるのですが、大切な部分の文字は大きくこども自身で読むことができます。

 

自分で読みながら、絵を見て理解を深めてくれるのにおすすめな絵本です。

 

 

 

 

 

 

いただきます! げんきにたべるわたしのえほん

 

からだのもととなるあかはもぐもぐ。ちからのもととなるきはむしゃむしゃ。げんきのもととなるみどりはばりばり。自我の芽生える幼児期から「食育」をはじめるための絵本

(※「BOOK」データベースより)

 

いただきます! げんきにたべるわたしのえほん

著書:坂本 広子

出版社:佼成出版社

 

 

 

このお話のおもしろいと感じた部分は、食べるもののジャンルによって食べ物の音が違うということです。

 

 

からだのもとになる食べ物には、「もぐもぐ」

ちからのもとになる食べ物には、「むしゃむしゃ」

げんきのもとになる食べ物には、「ばりばり」

 

 

ご飯の時間が思うように進まないとき、もぐもぐ食べるのはなんですか??なんてこの絵本の真似をしてみるのもいいですね。

 

 

 
 
この絵本と同じ著者(坂本 広子さん)の「台所育児」という本もおすすめです。

こどもに台所のお手伝いをさせてみたいけど、どうしたらいいのかわからない。と

思っているママにおすすめです。

 

-絵本
-,

© 2021 玄米のトリセツ