こめ子

かぁちゃん玄米マイスターが、玄米にや食事などについて考えたことをまとめてみました。

玄米blog

もっちりやみつきな玄米ごはんが食べられる「結わえる」

ママちゃん

こんにちわ✿

結わえるの玄米レトルトパックに出会ってから玄米に興味をもち、玄米マイスターになった こめ子です。

 

今回は、大好きなお店「結わえる」をご紹介します。

 

 

この記事の要点

  • 結わえるはこんなお店

 

 

 

私、結わえるの玄米レトルトパックと出合って玄米と結ばれました。

結わえるの玄米レトルトパックと出合って私の玄米に対する考え方をがらりと変わりました。

 

本店の他にも店舗が少しずつ増えていてうれしいです。

でも、まだ近くにないのでなかなか通えませんがそんな時はオンラインショップを活用しています!

 

 

今回は、わたしの大好きな結わえるをご紹介させていただきます。

 

 

 

 

もっちりやみつき玄米ごはんが食べれらるお店「結わえる」は、こんなお店

 

ママちゃん
結わえるは、日本の伝統的な食生活を現代人の感覚に合わせ現代の技術と融合させライフスタイルを提案しているお店です。

 

日本の食文化が変わってから、私たちはたくさんの問題を抱えるようになったという話があります。

 

 

結わえるは、なぜ、食文化が変わってからたくさんの問題を抱えるようになったかということに向き合い

食文化が変わる前の伝統的な食生活を見直し、そこからヒントを得て持続可能な食生活を提案してくれています。

 

 

毎日の食事なので持続可能というのはとても重要になります。

いくら体に良くてもおいしくなかったり、価格的に続けられなかったり、続けられることができない方法では意味がありません。

 

 

玄米を中心とした昔ながらの食生活をする人が増えると食べている人の体が元気になっていくだけでなく、農家さんも、伝統製法の酒蔵さんも伝統製法の調味料メーカーさんも、関わるお仕事の方々も元気になります。

 

消費者と生産者の繋がりと大切に、日本の素晴らしい文化を継承させたい。

 

 

そんな、結わえるの考え方に共感し、大好きで大切なお店になっています。

 

 

今、私ができることは、伝統的な手法で作られている調味料を使い、愛情込めて作られている玄米を食べることだけかもしれません。

 

 

ですが、たくさんの人がこの些細な行動をすることでたくさんの力になると信じています。

 

大切な日本の文化が守られるように、私にできることを続けていきたいと考えています。

 

 

 

おいしい玄米と出会える 結わえる の店舗情報

 

ママちゃん
結わえるの店舗情報です。

 

結わえる 本店

本店は蔵前にあります。

 

ランチは、おかずにもなる具だくさん特製汁がメインの一汁二菜箱膳定食と、肉魚の主菜がついた一汁三菜ハレ箱膳定食があります。

 

セルフ方式で、日替わりの肉魚の主菜4種、具だくさん特製汁2種、 おばんざいや漬物も、自由に組み合わせ、追加が可能です。

 

結わえるのお味噌汁はとにかくおいしいです。

もっちもちの寝かせ玄米とこのお味噌汁があればそれで満足しちゃいます!

 

 

初めて行く方は、googleマップなどで確認してから行くのをお勧めします。

最寄り駅は、浅草線(A2またはA4出口)・大江戸線(A7出口)の 蔵前駅徒歩2分

 



 

 

 

いろは

メリハリ寝かせ玄米生活の入口、健康の基本、という意味を込めて「いろは」と名付けられたお店は、おいりい寝かせ玄米のおにぎりと、日本のいものを販売しているお店です。

 

 

渋谷ヒカリエシンクス店、池袋WACCA店、日本橋髙島屋S.C.店などをはじめ、仙台や札幌などにも店舗があります。

詳しい場所は、いろはのホームページから確認してくださいね。

 

いろは 店舗一覧

 

 

-玄米blog
-,

© 2021 玄米のトリセツ