行事食をこどもと楽しもう | おいしい玄米ごはん


日本には四季があり、季節ごとの伝統行事があります。

それぞれの行事には行事にちなんだ、行事食があります。

 

 

行事食を学び、こどもと一緒に日本の文化を楽しんでみませんか?

 

 

 

行事食とは?

日本には昔から受け継がれている伝統的な行事や儀式があります。

季節折々の伝統行事やお祝いごとの席に食べる食事を行事食といいます。

 

日本人は昔からハレとケという、メリハリのある生活を実践していました。

 

晴れの日という言葉はよく聞きますが、褻(け)の日というのはあまり聞かない言葉は言葉ではないでしょうか?

 

 

 

 

「晴れ・ハレ」は、年中行事や冠婚葬祭、祭りのときなど特別な日のことで、日常のことを「褻・ケ」といいます。

 

 

食ベる物だけでなく着るものや部屋の飾り物などを日常と特別な日で区別してきました。

 

昔の人は、普段の日をご飯に味噌汁とちょっとのおかずと漬物程度の食事で過ごし、特別な日は豪華な料理や宴などで心と体のバランスを保っていたそうです。

 

行事食は、昔の人が考えた健康に生きていくための知恵が詰まっています。

 

伝統行事に子どもにかかわるものが多いのは、子どもたちに健やかに育ってほしいという願いや希望が込められているので、こどもと一緒に行事食を楽しみ伝えていきたいと思っています。

 

 

 

行事食こよみ

1月

正月          おせち料理 雑煮 お屠蘇
人日          七草粥
鏡開き      おしるこ
小正月     小豆粥

2月

節分          福豆、恵方巻き、鰯

3月

桃の節句    ちらし寿司、蛤のお吸い物、白酒、菱餅、ひなあられ
彼岸          ぼた餅

5月

端午の節句 5日 柏餅 ちまき

7月

七夕          そうめん
お盆           精進料理、白玉団子、そうめん、型菓子
土用の丑の日  うなぎ、土用餅、土用しじみ、土用卵 「う」のつく食べ物

8月

お盆(月遅れ) 精進料理、白玉団子、そうめん、型菓子

9月

彼岸          おはぎ
十五夜      月見団子、栗ごはん、豆、里芋

11月

七五三      千歳飴

12月

冬至          かぼちゃ、小豆粥
大晦日       年越しそば

 

 

こどもと楽しみたい行事食を作ろう!

伝統行事はたくさんあるので、行事の度に頑張って行事食を用意する!と、いうのはちょっと大変ですよね。

 

 

どのように行事食を楽しんだらよいのか迷ってしまったママは、興味があったり、聞いたことがある行事食から挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

 

難しく考えると作るのが面倒になってしまうので、子どもに食べさせたい!子どもと一緒に食べたい!と思う行事食を作ってみましょう。

 

 

子どもと一緒に楽しく食べたながら、その行事食の由来などについて話してみてるのもおすすめです。

食卓で楽しく会話しながら食べることで、伝統行事が身近に感じられるのではないでしょうか

 

私もそうですが、母が行事の度に作ってくれた行事食は今でもはっきり記憶に残っています。

伝統行事を子どもと楽しみながら幸せを願うママの思いを伝えることができるのは、とても素敵なことではないでしょうか?

 

 

行事食レシピ

夏越の大祓と水無月のレシピ

水無月(みなずき)という、和菓子をご存じですか?   6月の旧暦名がついた水無月は、小豆を散らして三角形に切っ ...

玄米ごはんレシピ 行事食レシピ

玄米七草がゆの炊き方

皆さんは、七草がゆを食べますか?     1月7日の朝に七草がゆを食べる習慣は、なんと江戸時代に広ま ...

 

Copyright© おいしい玄米ごはん , 2020 All Rights Reserved.