こめ子

かぁちゃん玄米マイスターが、玄米にや食事などについて考えたことをまとめてみました。

レトルトレビュー 実際に食べてみた玄米ランキング

玄米レトルトパック:オーサワジャパン 国内産有機活性発芽玄米おにぎり

ママちゃん

こんにちわ✿

食べることが大好き こめ子です。

 

オーサワジャパンは徹底された基準で消費者に安心安全を届けてくれる企業です。

 

オーサワジャパンの有機農産物については、改正JAS法よりさらに厳しい基準です。

一例ですが、主食の玄米でいうと、改正JAS法では3年以上の農薬不使用無化学肥料栽培が基準となっていますが、オーサワの基準は5年以上です。

 

 

そして、オーサワ・ジャパンは、マクロビオティックの考えによる独自の基準があるため動物性原料不使用、精製糖不使用、国内産優先、伝統的製法優先など一般的な自然食品の品質基準よりもこだわりを持って商品が選定されています。

 

 

今回は、オーサワ・ジャパンの玄米レトルトごはん おにぎりパックのご紹介です。

 

 

この記事の要点

  •  オーサワ・ジャパン 国内産有機活性発芽玄米おにぎり を食べてみた感想

 

 

オーサワ・ジャパンの玄米ごはんレトルトパックシリーズには、有機発芽玄米の商品があるのが他社と違うポイントです。

レトルトパックで、おいしい発芽玄米が食べられるなんてとっても幸せです~♡

 

 

今回は、オーサワ・ジャパン 国内産有機活性発芽玄米おにぎりを食べてみた感想をご紹介したいと思います。

 

お気に入りの玄米ごはんのレトルトパックを見つけるお役にたてると嬉しいです。
ママちゃん

 

 

 

 

オーサワジャパン 玄米ごはんシリーズ

 

有機発芽玄米を使ったおにぎり2個パックが5種類(玄米ごはん・わかめ・しそ・はと麦入り・小豆入り)と、有機発芽玄米ご飯パック、玄米ご飯パックがあります。

 

発芽玄米のご飯パックも、玄米ご飯パックにも数種類あるので種類豊富です。

 

写真の商品は、有機活性発芽玄米おにぎり(はとむぎ入り)です。

 

 

 

食べ方

電気ジャーを使用して温める

→中身を保温ジャーに入れて2時間ほど温める。

湯煎して温める

→沸騰したお湯にそのまま表面を下にして15分程度温る。

電子レンジで温める

→表面フィルムを少しはがし、電子レンジに約1分かける(電子レンジの種類によって加熱時間を加減してください)

 

 

 

今回、試してみたのは、有機活性発芽玄米ごはんのおにぎりです。

 

他社の白米も含め、おにぎりのレトルトパック初体験だったのでなんだかワクワクしました(〃艸〃)

 

パックを切り離すことができるので1つづつ食べることが出来ます。

 

 

 

 

説明には、容器ごと保温ジャーにいれて2時間とかかれていますが、容器ごと保温ジャーにいれて大丈夫なのだろうか?と疑問を抱き試してないです(笑)

 

 

切り離すとこんな感じです。

作業が雑ですいません、、、

 

 

電子レンジで温める場合は、少々フタをはがします。

 

 

温めてフィルムを外した状態です。

 

 

 

玄米は、浸水を長くすると柔らかく炊けるのですがその時に水をこまめに変えないと特有の臭いが出てしまいます。

 

オーサワジャパンの玄米ごはんは、その臭いがなくおいしい玄米の香りがします。

 

 

有機活性発芽玄米が使用されているので簡単に発芽玄米を食べたい人にはおすすめです。
ママちゃん

 

 

1個90gなので、2個180gとほかのレトルトパックに比べると満足の180gなはずなのですが、

不思議とおにぎりで食べると量を感じないのは私だけでしょうか・・・

 

 

ふっくらしていて柔らかくおいしく頂ける玄米おにぎりです

 

国内産有機活性発芽玄米を使ったおにぎりのレトルトパックは、玄米の栄養素をさらに引き出している発芽玄米が使用されていること、さらに小分け可能なおにぎりなので、備蓄食料におすすめです!
ママちゃん

 

 

 

おにぎりではなく、玄米ごはんのレトルトパックもおすすめです。

 

-レトルトレビュー, 実際に食べてみた玄米ランキング
-,

© 2021 玄米のトリセツ