こめ子

かぁちゃん玄米マイスターが、玄米にや食事などについて考えたことをまとめてみました。

おいしい玄米の炊き方

土鍋で玄米を美味しく炊く方法

ママちゃん

こんにちわ✿

食べることが大好き こめ子です。

 

土鍋でご飯を炊くとなると、なんだか難しそうですよね。

ですが白米もそうですが、土鍋で炊いたご飯はとってもお米の味を感じることができると思いませんか?

ちょっと火加減が難しいのですが、自分なりの炊き方をマスターすれば家でもおいしい土鍋ごはんが食べられます。

 

今回は、土鍋で玄米を炊くポイントを記事に書きました。

 

 

この記事の要点

  • 土鍋で玄米を炊くポイント

 

 

 

 

玄米を自分で炊くのは、難しそう。

それなのに、土鍋で炊くなんて、、、

 

そう思ってしまうかもしれません。

ですが、白米もそうですが土鍋で炊いたご飯は本当においしいんです!!

 

 

今回は、土鍋で玄米を炊くポイントについてまとめてみましたのでお付き合いくださいね。

 

 

おうちで土鍋で炊くおいしい玄米ごはんを食べるお役にたてれば嬉しいです。
ママちゃん

 

 


玄米をおいしく炊くコツ<土鍋編>:浸水

 

ママちゃん
玄米をおいしく炊くためには水に長くつけておくのがポイントです。

 

最低6時間、理想は12時間以上浸水させてください。

1~2時間程度だと硬めになります。

 

 

最低でも6~8時間

できれば12時間以上浸水し、玄米を発芽直前の状態まで水に浸けておくのが一番おすすめです。

 

 

 

発芽玄米についてはこちらで詳しくまとめてあります。

興味のある方はチェックしてくださいね!

 

発芽玄米
発芽玄米はなぜいいのか?

ママちゃん こんにちわ✿ 食べることが大好き こめ子です。   玄米を食事に取り入れようと思っていろいろと調べていると発芽玄米についての情報が出てくるかもしれません。 私も家では発芽玄米をに ...

続きを見る

 

 

 

 

浸水している水は雑菌などの繁殖が考えられるので、炊くときには新しい水に変えるのがおすすめです

 

 

 

 

玄米をおいしく炊くコツ<土鍋編>:水加減

 

ママちゃん
玄米をおいしく炊くためには好みの水加減を見つけるのもポイントです。

 

目安量は、玄米の容量の1.3~1.6倍です。

柔らかめが好みの場合は、1.8~2倍でも良いと思います。

 

 

ただし、浸水時間が長い場合は玄米にたっぷりと水分が吸収されているので水加減を調整する必要があります。

 

 

 

常温(20℃程度)で、3~5時間浸水させた場合、20~25%吸水されます。

また、6時間以上浸水させた場合は、30%吸水されます(30%以上は吸水されない)。

 

 

 

玄米の容量の1.5倍の水分量で計算してみると、こんな感じになります。

 

3合(1合180ml×3=540ml)3時間未満の浸水時間であれば

➡ 540ml×1.5=810ml

 

3合(1合180ml×3=540ml)4時間程度の浸水時間であれば

➡ 540ml×1.5=810ml

➡ 810ml×0.8=648ml(吸水率20%で計算)

 

3合(1合180ml×3=540ml)6時間以上の浸水時間であれば

➡ 540ml×1.5=810ml

➡ 810ml×0.7=567ml(吸水率30%で計算)

 

 

 

 

浸水時間を考慮せずに、水の分量を計算するとおいしく炊けない原因になるので最初のうちは浸水時間と水の分量を何倍で計算したかをメモしておくといいですよ。

 

 

 

玄米をおいしく炊くコツ<土鍋編>:隠し調味料

 

ママちゃん
玄米をおいしく炊くために調味料をプラスしてみてください。

 

玄米を美味しく炊くために、隠し調味料を入れることをおすすめします。

 

 

 

隠し調味料:塩

 

塩を入れることによってカリウムの苦味・えぐみを旨みに変えてくれます。

精製塩ではなく、ミネラルを豊富に含んだ天然塩を使ってください。

1合に1g弱が目安です。

 

 

 

 

隠し調味料:酒

 

酒(純米日本酒)を入れることで旨みと甘さがでます。

無添加・純米のお酒を使ってください。

1合に1cc程度が目安です。

 

 

 

玄米をおいしく炊くコツ<土鍋編>:炊き方

 

ママちゃん
玄米を土鍋で炊くポイントは浸水時間と火加減です。

 

土鍋に十分に浸水させた玄米とお好みの分量のお水、塩を入れたら優しくかき混ぜ蓋をします。

 

最初は中火より弱くして中の水が沸騰するのを待ちます。

沸騰するのを確認するために途中で1~2回蓋を開けても大丈夫です。

 

 

 

 

土鍋ごはんは、沸騰まで10分程度の時間がポイントです。

沸騰まで10分程度時間をかけることによってお米の甘味がしっかりと引き出され、ふっくらごはんに炊上ります。

 

 

 

ただし、土鍋の厚みによって沸騰時間は異なってきます。

炊き上がりが少し硬いと感じた時は沸騰までの時間を長くするなど調節してみましょう。

 

 

 

沸騰したら蒸気がとどまる程度の弱火にします。

 

 

 

内蓋がついていない土鍋は、菜箸などで、蒸気の抜ける穴をふさぐといいです。

(内蓋がついている土鍋は必要なし)

 

 

 

 

30~40分程度弱火をキープします。

(お米の量によって時間が異なります)

 

 

鍋肌からぶくぶくと泡がでなくなってくるのが目安です。

このタイミングで一度蓋を開けてみて鍋肌などに水分が残っていないか確認します。

 

水分が残っていない場合、一気に30秒ほど強火にして火を止めます。

 

 

 

 

玄米をおいしく炊くコツ<土鍋編>:蒸らし

 

ママちゃん
玄米をおいしく炊くためには蒸らしも重要なポイントです。

 

土鍋をコンロから下ろし20~30分程度蒸らします。

 

蒸らした後に上下をしっかりとしゃもじで切るようにかき混ぜ蒸気を抜いてあげます。

 

 

 

 

玄米をおいしく炊くコツ:土鍋で美味しく炊く方法

 

ママちゃん
玄米をおいしく炊くためのポイントをまとめてみました。

 

火加減の調整がちょっと難しい土鍋での炊飯ですが、コツを掴めばお米の味をよく感じることのできる玄米が炊きあがります。

 

 

金属製の鍋とは違い、土鍋はゆっくりと加熱するのでご飯の甘味を引き出すことができます。

 

沸騰まで10分程度時間をかけることによってお米の甘味がしっかりと引き出され、ふっくらごはんに炊上ります。

 

 

土鍋ごはんは、沸騰まで10分程度の時間がポイントです。 

 

 

 

 

圧力鍋のようにモチモチにはなりませんが、ほんのり香ばしく玄米特有のプチプチ感を楽しみながら食べることができます。

 

サラリとしているけど、味わいがいいので土鍋での炊飯もおすすめです。

 

 

 

 

 

 

土鍋で炊いた玄米が美味しくない時にチェックするポイント

玄米がぼそぼそして硬い・・・浸水時間が足りない、

炊くときの水の量が少ない、

沸騰までの火加減が強い

(沸騰までの時間が短い)

玄米がべちゃべちゃしている・・・浸水時間が多すぎる、

炊くときの水の量が多い、

沸騰までの火加減が弱すぎる

(沸騰までの時間が長すぎる)

玄米が糠臭い・・・玄米が古い、洗米方法を見直す

玄米が臭う・・・発芽させている場合、

こまめに水を変えないと発芽臭がする。

可能であれば、6時間おきに水を変える。

最低でも朝晩水を変える。

 

 

 

 

 

-おいしい玄米の炊き方
-

© 2021 玄米のトリセツ